topimage

2016-09

馬鹿の話 - 2016.09.28 Wed

わがアルバイト先の馬鹿のお話です。

わがバイト先では、毎日22時に売り上げが有っても無くても釣銭ボックスを全て入れ替えて清算することになっているが、馬鹿リーダー殿は釣銭ボックスに目印を付けて入れ替えたかどうか判るようにしているらしい。
ある日 『誰か釣銭ボックスを入れ替えていない!!』 と言ってワーワー騒いでいた。
 犯人が、自分と同期入社の年上の人と判ったとたん態度が豹変 (@_@)
○○さんにちゃんと入れ替えるように言ったかリーダーに聞いたら、、、なんと、、、なんと
『あ、○○サンだったんですか、そうですか、判りました』と 言っただけで何の注意もしなかったそうだ!!
おいおい!!!、 駄目なものは誰がやっても駄目だろ!!
お前は相手によって言うことを変えるのかよ!!

相手次第で態度を変える大馬鹿リーダー様、、、、情けないやら、、、阿保らしいやら!
ある意味 世渡り上手の利口者かも・・・・、馬鹿は俺の方か??
しかし俺が最も嫌いな、軽蔑する人種だ!!

もうこんなバイト先 辞めようかと思う!!


スポンサーサイト

あとは天に任せるしか・・・・。 - 2016.09.15 Thu

母が意識不明になって、、早や45日が経過してしまった。
入院当初は『長くて一週間』と言っていた医者も 最近は『ここまでくると、あとは本人の生命力次第なので・・・・もういつまでとは言えない』と言っているらしい。
 入院当初の肺炎は抗生物質の点滴で良くなった??ようだが、併発した脳梗塞で相変わらず意識不明のまま。。。。

胃ろう等の延命治療はしていないが、ブドウ糖の点滴だけで、人はこんなにも長く生きていられるのかと、、、
本当に母の生命力の強さに驚く。
傍目には意識不明だが、、、母本人は夢の中で何をか・・・・思っているような気もする。


無題 - 2016.09.04 Sun

 
意識なく 死を待つ母は茫々と  いずこを彷徨い 何を夢見る

母の死を 待つだけの身は やるせなく  過ぎし想いに 眠りは浅く

腕を折り 母に引かれて福島へ 赤岩経由の骨接ぎ通い 
         母を占して 嬉しさばかり 痛み忘れて 遠き山道 

炭焼き帰り父母(ちちはは)の 土産はなんと 山鼠(やまね)なり  ドングリ餌に長生きもせず


親孝行  まねごともせず  ただ詫び 恥じる



前へ «  | トップページ |  » 次へ

プロフィール

紺文ちゃん

Author:紺文ちゃん
 トップの写真はS40年頃の万世大路長老沢(胡桃平)地区の冬
福島県産 福岡県北九州市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (290)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR