topimage

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく - 2014.05.22 Thu

先日 『母の入る介護施設が決まった』 と、弟と姉から連絡が有った。
これで福島や仙台の兄弟たちの負担も少しは軽減されると思う。
 少し安心したが、ここの施設は3か月期限だそうで、3か月後はまた違うところを探さないといけないようだ。
福島県や近県は3年前の東日本大震災と福島原発事故で避難してきたお年寄りが、その後体調を崩して
施設に入る人が多すぎてどこの介護施設も満杯で入居まで200~300人待ちとか。。。。。
何とか頼み込んで入れてもらったそうだが、、、、、3か月後はどうなる???
3年前の事故が延々と市民生活に影響を与え続けているのが現状のようです。

そういえば福島原発の汚染水処理施設も故障、トラブル続きで全機停止、復興どころか復旧すらままならないようだ。
汚染水を560トンも海へ流すとか新聞を賑わせている。

どうなるやら、、、、母の今後の事とともに故郷福島の未来を危惧する。


スポンサーサイト

母の日 - 2014.05.11 Sun

今日は母の日
カーネーションを持って愚妻と90歳になった大牟田の義母を介護施設に訪ねた。
ここ何か月かは愚息のことやら何やら野暮用が多く足が遠のいていた。

久しぶりに外に連れ出して、懐かしい義母の我が家を訪ねた。
義父は既に亡く、義母もめったに訪れることが無い、主不在の家の庭は草が繁茂していた。
それでも義母は 『懐かしかぁーー』、『懐かしかぁーー』 と何度も言っていた。

 久しぶりに3人で外の料理屋で刺身で昼食を摂った。
義母も久しぶりの新鮮な刺身だったようで、がっつくように食べた。
ソフトクリームも美味しそうに食べた。
 でも何よりのご馳走は愚妻だったようだ。 
『恵美ちゃん来たとね、よく来たね、 嬉しかぁー!!』 と
久しぶりに見る娘に顔をほころばせていた。

以前よりも痴呆も良くなっており顔色もよく、足取りもしっかりしていて安心した。
私達の事も以前よりもよく判るようになっていた。

福島の母のところへは遠すぎて行けないので、せめて義母を大切にしようと思う。
福島の母の代わりと思って大切にしよう。

帰りに 『カーネーション 綺麗かねェ』 と言ってくれた。
訪ねて行った俺達へのお礼の言葉だと思った。

今までは何ともなかった往復6時間の高速道路の運転に少し疲れた。
俺も年を取ったようだ・・・。


前へ «  | トップページ |  » 次へ

プロフィール

紺文ちゃん

Author:紺文ちゃん
 トップの写真はS40年頃の万世大路長老沢(胡桃平)地区の冬
福島県産 福岡県北九州市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (291)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。