topimage

2014-04

何も無い - 2014.04.30 Wed

・・・・何にも無くなってしまった。
下の写真は工場の元女子寮が在った付近から撮影したものである。
(写真奥に見えるのは北九州都市高速道路「下到津JCT」)
atochi1.jpg   atochi2.jpg
 30年以上勤務した東芝北九州半導体製造工場が解体され更地になろうとしている。
世界の半導体工場として栄華を誇った日本の半導体事業は、韓国・台湾等のアジア新興国との価格競争に敗れその地位を譲って久しい。
 約14,000坪(約45,000㎡)の広大な敷地は、今後長年の工場用地使用で薬品汚染された土を5m掘り下げて全ての土を入れ替えて土壌改良される。
全ての処理が終わるまであと5年ほどかかるそうだ・・。
その後の再開発計画は聞いていない。
ここで長年働いた身としては非常に寂しい限りである。
多くの後輩たちは全国各地の関連工場に散りじりになった。
いろいろの事情で他県への転勤ができずに退社した後輩も少なくない。
 工場閉鎖前に定年退職できた俺は幸せだったかも??

栄枯盛衰とは言えやるせない。

 気になることは、約45,000㎡×5mも堀出した汚染土は何処に処分するのやら??
余計な心配か??
 更に、ここで解体作業をしている作業員は管理監督者以外は90%以上が海外からの出稼ぎ労働者だそうだ。
日本人の働く場所はこんなところでも海外の単価の安い労働力に浸食されているようだ。
……安倍さん憲法9条見直しもいいけど、この辺も何とかせねば、、日本よ何処へ行く!!

スポンサーサイト

期間限定公開 - 2014.04.27 Sun

動画は移動しました。
閲覧をご希望の方は下記からご連絡ください。
必ずメアドをご記入ください。

下の文字をクリックしてください。
新栗子トンネル動画


薬が効いてきた - 2014.04.11 Fri

 薬が少しずつ効いてきたようだ。
母の事ではなく、俺自身の事だが・・・・。

 薬が効いてきて仕事が楽になってきた(精神的に)。
前にも書いたが、当バイト先は勤務形態が7パターンもあり習得に苦労した。
 更に美術館の休館日や休館前日でやることが少しずつ違う…展示美術品の入れ替え飾り付け等が有る。
また、曜日によってもやることが微妙に違う、なんだかんだでそれらも入れると正式には倍の14パターン位ある。
今のバイトをはじめて5か月が経過しようとしているがまだ完全習得とまではいかない。

 初めて2か月位は無我夢中だったが、最近は少しはゆとりが持てるようになってきた。
3か月目ころから『隊長・副隊長・諸先輩から叱られる(注意される)のは薬だ!!』と、思う事にした。
すると不思議なことに、スッと楽な気分になり、注意に対して素直に前向きに行動できるようになった。

『今は、諸先生方に俺の悪いところを直すための薬をいただいているのだ』 と考える。

まだまだ、もう暫くは薬が必要だろう!

[良薬 口に苦し]である。

多くの先生に診ていただけて、しかも薬がタダでもらえることはありがたいことだ!
今巷で話題の消費税も無い。


母のこと - 2014.04.05 Sat

 福島の94歳の母が最近変なことを言うようになったと3か月ほど前に姉から電話が有った。
その時は少しボケてきたかな?
位の軽い気持ちで受け流していたが、痴呆の進行の速さに戸惑う!
1か月前からは腰痛で入院していたが、最近は痴呆が進み昼夜問わず誰かとお話をしているとのことだ。
うるさいので病院の4人部屋から個室に移動させられたそうだ。
 ベットから這い出して転落する恐れが有るので24時間家族が付いているようにと病院から言われ、兄、姉、弟夫婦が交代で付き添っているとのこと。
 老人介護施設に入れたいが福島県内の介護施設は、あの東日本大震災と原発事故から逃れてきて、その後要介護になった方々が多くその人達を優先して入所させざるを得ないため空きが無く、申し込んでもなかなか入れてもらえないとのことだ。

九州で何もすることのできないわが身が恨めしい。。

母には終始誰かが見えているようで、その幻の相手とお話をしているそうだ。
常に幻覚を見ているそうだ、特に東京生まれで東京育ちの母が戦争のどさくさに紛れ父の郷の大滝に居を移してからの苦労話を延延と誰かと話しているそうである。
 東京暮らしから突然福島県山中の大滝にほうり出されて、父と炭焼きをしながら炊事洗濯、子供と義父母の世話と、愚痴も言わずに働き続けた母の溜まりに溜まった鬱積したものが痴呆とともに自制心が無くなり一気に噴き出しているように思う。。

苦労ばっかりの人生だった母の哀れに涙も出ない。。。

昼夜面倒を見てくれている姉夫婦や弟夫婦、仙台の兄貴には申し訳ないが・・・・。
宜しくお願いしますということしかできない。

嗚呼とばかり・・・。



前へ «  | トップページ |  » 次へ

プロフィール

紺文ちゃん

Author:紺文ちゃん
 トップの写真はS40年頃の万世大路長老沢(胡桃平)地区の冬
福島県産 福岡県北九州市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (290)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR